OUR POLICY

顧客中心主義に
基づく業務運営方針

SBIグループは、1999年の創業当初から顧客の利益を最優先に考える「顧客中心主義」を貫いており、革新的な技術を活用することで、より有利な手数料や金利でのサービスを提供しています。また、金融商品の一覧比較や手数料の明示、魅力的な投資機会、安全性と信頼性の高いシステム、豊富かつ高品質な金融コンテンツなど、お客さまの立場に立った金融サービスの提供に努めています。

SBI FXトレードは、上記の取り組みをさらに強化・徹底するため、「顧客中心主義に基づく業務運営方針」を公表し、お客さまの視点からの評価や成果を常に見直すことを宣言しています。
なお、当社は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」の7つの原則をすべて採用しています。

01

お客さまの最善の
利益を追求する
業務運営

当社では、お客さまの最善の利益を第一に考える「顧客中心主義」を徹底することが、お客さまから信頼を得る上で最も重要な要素と考えています。経営方針に基づき、高度な専門性と職業倫理を保持し、お客さまの最善の利益を追求するために業務を遂行しています。また、当社はお客さまの声を重視し、サービスの改善に反映させるために、常にホームページの「お問い合わせフォーム」からご意見やご要望を募集しています。頂いたご意見やご要望については、定期的に開催する「サービス向上委員会」において協議し、お客さま満足度の向上につながる施策を実現する体制を整えています。これらの取り組みにより、「顧客中心主義」を継続的に推進していきます。

主な取組
02

利益相反の
適切な管理

当社の外国為替証拠金取引(FX)は、店頭取引であり、お客さまと当社の相対取引の形態です。お客さまとの利益相反が発生しないようにするために、当社は相対取引に特化したサービス仕様に取り組んでいます。

具体的には、お客さまから受けた注文を即座に同一数量、同一価格でカバー取引先にカバー取引することで、お客さまとの取引に関わる収益を確保しています。当社の収益は、お客さまの取引を基にしており、カバー取引先がカウンターパーティとの間で行うカバー取引によって実現した収益を一定の比率で当社に分配することで計上しています。したがって、お客さまの取引結果は、当社の収益に直接影響を及ぼしません。

さらに、お客さまの利益が不当に損なわれることのないよう、当社グループでは利益相反管理方針に従い、利益相反の可能性のあるグループ内取引に対して適切な管理を行っています。

主な取組
03

スプレッドその他
手数料
の明確な提示

お客さまに対してFXサービスや金融商品を提供する際には、スプレッドやその他の手数料をお支払いいただく場合があります。当社のFXサービスのスプレッドは、取引数量によって異なります。手数料等については、「契約締結前交付書面」や当社のホームページなどでご確認いただくことができます。当社はプライスポリシーに基づき、スプレッドを広げることや価格を非表示にすることはせず、可能な限り通常のスプレッドを維持し、安定した価格提供に努めています。

主な取組
04

重要な情報の
分かりやすい提供

当社では、お客さまに提供するFXサービスや金融商品に関して、お客さまの投資経験や金融知識を考慮し、リスクとリターン、取引条件について分かりやすい表現を用いて誠実に対応し、情報を提供しています。特に重要な情報については、強調してお知らせ欄に掲載するようにしています。また、複雑な情報に関しては図解などを用いて分かりやすく丁寧に情報提供するための工夫を行っています。お客さまがわかりやすい情報を得ることができるよう努めています。

主な取組
05

お客さまの適合性の
管理

当社では、お客さまの資産状況、投資経験、金融知識、投資目的を把握するために適合性の原則に基づいた審査を行っております。これにより、お客さまが無理のない範囲で取引を行えるよう努めています。必要に応じて、投資者保護の観点からお取引に制限を設定する場合もございます。

また、金融リテラシーの向上を支援するため、お客さまが金融商品をより理解できるような情報発信にも積極的に取り組んでいます。お客さまがより良い投資判断を行えるよう、学習資料やガイド、セミナーなどの提供を通じて金融リテラシーを向上させるお手伝いをいたします。

主な取組
06

ガバナンス体制の
整備

当社は、お客さまの最善の利益を追求するために、社員一人ひとりが高い倫理観とプロフェッショナリズムを持ち、行動できるような社内体制の構築が不可欠と考えています。公正かつ透明な取引環境をすべてのお客さまに提供するため、適切なガバナンス体制を整備しています。さらに、役職員に対して定期的な社内教育や研修を実施することで、常に自己否定し、自己変革し、自己進化を続けることによって、本方針への理解を深め、お客さま本位の業務運営におけるベストプラクティスを目指します。

主な取組
07

方針の定期的な
見直しと公表

当社の顧客中心主義に基づく業務運営方針では、毎年度の主な取組とKPIを公表することとしております。また、必要に応じて方針の見直しも行い、お客さまの視点に沿った運営を行っております。

02

利益相反の適切な管理

当社の外国為替証拠金取引(FX)は、店頭取引であり、お客さまと当社の相対取引の形態です。お客さまとの利益相反が発生しないようにするために、当社は相対取引に特化したサービス仕様に取り組んでいます。

具体的には、お客さまから受けた注文を即座に同一数量、同一価格でカバー取引先にカバー取引することで、お客さまとの取引に関わる収益を確保しています。当社の収益は、お客さまの取引を基にしており、カバー取引先がカウンターパーティとの間で行うカバー取引によって実現した収益を一定の比率で当社に分配することで計上しています。したがって、お客さまの取引結果は、当社の収益に直接影響を及ぼしません。

さらに、お客さまの利益が不当に損なわれることのないよう、当社グループでは利益相反管理方針に従い、利益相反の可能性のあるグループ内取引に対して適切な管理を行っています。

主な取組
04

重要な情報の
分かりやすい提供

当社では、お客さまに提供するFXサービスや金融商品に関して、お客さまの投資経験や金融知識を考慮し、リスクとリターン、取引条件について分かりやすい表現を用いて誠実に対応し、情報を提供しています。特に重要な情報については、強調してお知らせ欄に掲載するようにしています。また、複雑な情報に関しては図解などを用いて分かりやすく丁寧に情報提供するための工夫を行っています。お客さまがわかりやすい情報を得ることができるよう努めています。

主な取組
06

ガバナンス体制の整備

当社は、お客さまの最善の利益を追求するために、社員一人ひとりが高い倫理観とプロフェッショナリズムを持ち、行動できるような社内体制の構築が不可欠と考えています。公正かつ透明な取引環境をすべてのお客さまに提供するため、適切なガバナンス体制を整備しています。さらに、役職員に対して定期的な社内教育や研修を実施することで、常に自己否定し、自己変革し、自己進化を続けることによって、本方針への理解を深め、お客さま本位の業務運営におけるベストプラクティスを目指します。

主な取組
07

方針の定期的な
見直しと公表

当社の顧客中心主義に基づく業務運営方針では、毎年度の主な取組とKPIを公表することとしております。また、必要に応じて方針の見直しも行い、お客さまの視点に沿った運営を行っております。

7つの方針のKPI

① 預り証拠金残高の推移
(単位:百万円)

       

② 『FX(SBI FXTRADE)』
および『積立FX』の
口座数推移(単位:件数)